こころの寺めぐり
知立市弘法町弘法山遍照院(へんじょういん)

三河三弘法第一番「見返り弘法大師」のあるお寺。約1200年前、この地方に立ち寄った弘法大師は水不足で困っている村人達を助けます。別れを惜しんむ村人達のため、自分の身代わりに三体の像を刻みますが、そのうちの一体が大師と別れる時、少し右を向いて別れを惜しんだというのです。

三河三弘法の第一番札所 遍照院山門
桜の花に囲まれたお線香供場
数多くのお線香が立てられていました
本堂 戒壇めぐりができます
こんなところからも桜の花が・・・
弘法名物「大あんまき」